鳴かぬなら 報じて告げよ みえるいろ

日々生まれいづるアレコレをわがままにあるがまんまに綴ります

ボトルデポというところ。

先日、ボトルデポというところに、溜まり溜まった空き缶やビンを持って行った。 ボトルデポとは、カナダのリサイクルシステムの一つ。 牛乳やジュースを買った時に、容器代も実は値段に含まていて、 飲み終わった後のパックやビンや缶をボトルデポに持ってい…

私のカルガリー習慣

スペインには「シエスタ」と呼ばれる、昼寝の習慣がある。 ディナーより重きを置かれるお昼ごはんを食べた後、 1時くらいから3時くらいまで昼寝休憩の時間。 オフィスで働く人は、いったん自宅に帰って、シエスタ後、また仕事を再開する。 ディナー時間は日…

平日のさんま

毎朝起きて、身支度して、仕事をする 休憩時間には短くも長くもない昼寝をして すっきりした心持ちでまた仕事を再開する ごはんを食べて、同僚たちと帰路につく お風呂に癒され、ゆっくり眠る こんな当たり前のことが 自然に暮らしの中に戻ってきたことが嬉…

カルガリーの日曜日を歩く

休息日!日曜日!!にちよーび!! 月曜から土曜まで(あいだ水曜は休み)、ずっと体育会系肉体ジョブに従事しているせいか、 仕事休みの日曜日が小学生の時並に、じ、ゆ、う〜を感じる休息日に思える。 職場までの片道徒歩30分。 そういや、小一(齢にして7歳)…

こーとばちゃーん

あざやか あざとい あざっす あざらし あざさえん さいきん、ことばとあそんでなかったなー だからへそまげてすねちゃったのかも ぴんぽんならしにいってみますか

初夏の祝日カルガリー

土曜日からの三連休。 今日月曜はVictoria Dayというカナダの祝日で、多くのカナダ人も休み。 外に出ると、すこぶる天気のよさで、 パブの並ぶ大通りなんかでは、お店の外に並べられた席に タンクトップ一枚とサングラスで乾杯してる人達がわんさか。 楽しん…

今この時

カナダの地から、日本を夢見ている。 帰国してしまうと、日本が現実のものとして近くにありすぎて 夢なんて見づらくなってしまうから。 夢見る、ってどういうことか。 日本に帰ったら、 ここに行きたい、 この人に会いたい、 こういう風な生活をしたい、 こ…

休息の日

休みの日はぐっすりとねむる。 お昼の3時に起き出して、どこか散歩でもいこうかと思いながら バスタブにお湯を張る。iPadからは心地よい音楽。 ドライヤーが壊れているので、自然乾燥。 カルガリーは乾燥しているから、あっという間に乾く。 ヨーグルトを飲…

目薬に向かい合う

ずっと逃げてきたものがいっぱいある。 そのうちの一個、目薬。 目薬をさすって行為が、その「さす」って響きだけでもう怖くて怖くて。 目薬を買っても、まぶたの上に垂らして、眼への自然落下を待つ、みたいな 使い方をしてしまう。 ところが先日、目薬をさ…

ケフィアを養っています

ルームメイトのKaia(クロアチア出身の65歳)から分けてもらったケフィア。 毎晩、出来上がったヨーグルトを器に移し替えては、 新しいヨーグルトを作るため、「ミルクにケフィアをブチ込む」という仕込み作業を している。 出来上がったヨーグルトは、そのま…

アイアムアサミと吹く風に

ここカルガリーでは、本当にいろんな国からの移民に出会う。 部屋を探したときに出会った一人の大家さんは、シリア出身。私にとって生まれて初めて接したシリア人だった。「君の名前、アサミってのは、シリアでは''名前''という意味なんだよ」と教えてくれた…

夜ふかし空

カナダに来た目的は?とよく訊かれる。 ついつい、きちんとした立派な?答えを返さねば!と、考えてしまう。 私がカナダに来たワケは、、、 英語圏に身を置いてみたい、そして楽しくすごーすー♫ことだった。 サマータイムにもなって、夜は10時前まで明るいカ…

十数年ぶりのチーワーヂャー!!

Cargaly(カルガリー)を訪ねたのは、カナダでの最初の友人(韓国出身)が滞在しているからだった。 彼女とは、カナダに来てすぐ、バンクーバーのホステルで出会った。 ワーホリビザでの滞在者同士、互いにカルガリーとバンクーバーに別れてからも、 クリスマス…

カルガリーでの生業模索

職探し お金拾う

最後にたどり着いた住処

カルガリーに着いて、この街の居心地のよさに気付き始めた私は、 とりあえずここに部屋を探して住んでみよう、と比較的すぐに決めた。 部屋探し。バンクーバーでことごとく失敗していたので、出来るだけ多くの物件を見て、 慎重に決める。それだけは強く思っ…

Cargaly〜その名も、Mr.ブラウン〜

乾燥していて砂っぽいカウボーイの街、カルガリー。 ロッキー山脈を抜けて大平原を走るバスの中、 ぼんやりと現れた街に、まるで古代中国で城攻めに馬を走らせてきたかのような 錯覚を起こしたことを覚えてる。 正直いえば、最初この街を見た時、 あー、ちょ…

Pentictonで得た言葉

Pentictonで、とある人から教えてもらった言葉がある 「mean to be」という言葉 なるべくして、なっているのだとか 考える、そして動く 素直にシンプルに、ときどき大胆に Pentictonで飲んだオカナガンワイン、おいしかった!

Pentictonという街で

カナダのブリディッシュ・コロンビア州の中にPentictonという街がある。 4月の中頃、そこにいた。 東西を城塞のように山が囲み、北はOkanagan湖、南はSkaha湖に挟まれる街。 メインロードが2つの湖を結ぶ線分のようになって、 その上をなぞるがごとく芳しい…

湖畔にて

そうあったものが そうなくなるとき へんか と ひとはいう そうなくなったものが そうなくありつづけるとき あたりまえ とも ひとはかんじなくなっていく もう何年ここにいる、か もう何年あれをしらないか、か もう何年わたしはわたしでいる、か もう何年あ…

汝、己を愛せとは

おーーーーい すこし、呼んでみたくなりました。 なんでもありですね。 でも、わきまえるべきとこはわきまえるべくありたい。 時代のすすむスピード 世界という大風呂敷に 気づけばただ圧倒されてしまいがちな日々。 怒るような偏頭痛に それでも、手の施し…